MENU

Googleが好きな、25の理由

さて、Googleといえば、言わずと知れた、世界最大のシェアを誇る
検索エンジンです。

 

その影響力は、日に日に大きくなっています。

 

Googleマニアになる人も、多いようです。

 

 

 

■ Googleが好きな、25の理由

 

Googleの技術者で、いろんなところに顔を出したり、ブログも
公開してたりして有名な、マット・カッツという人がいます。

 

先日、このマットさんが、ダニー・サリバンという人のブログ記事を
紹介していました。 タイトルは、

 

「25 Things I Love About Google」(Googleが好きな、25の理由)

 

とりあえず、それらの項目を、簡単に挙げてみます。
1.使えば使うほど、私に合った検索結果が出てくる、
   パーソナライズド検索

 

 2.多少の欠点はあるものの、役立つ情報を、いつも出してくれる
   Web検索

 

 3.つねに最新の情報を、教え続けてくれるニュース検索

 

 4.珍しい商品を見つけてくれる、「Froogle」

 

   (Froogleは、インターネット上で販売されている、あらゆる商品を
    検索できるようにする、商品特化型のGoogleの検索エンジン)

 

 5.検索の概念を変えた「Google Maps」。

 

   特にマッシュアップは、まだ1年もたってないとは思えないほど、
   革新的です。

 

 6.便利な「Gmail」(Googleの提供するフリーメール機能)

 

   メールの内容を見られる可能性が、無いとは言えませんが、
   でも、きっと大丈夫でしょう。

 

 7.「Google Sitemaps」(ユーザーが、アクセス可能なURLリストを、
   Googleに登録していく仕組み)

 

 8.マット・カッツ、メリッサ・マイヤーを始めとした、多くの
   Googlerの存在。

 

   彼らは、素敵なサービスを、たくさん作ってくれます。

 

 9.Googleを使うと、ものごとが変わること

 

   Gmailで、私たちのメールの見方が変わりました。
   Google Mapsは、地図に対して新しい概念を与えてくれました。

 

   こういう、従来からあるものに、新しいアイデアを加えることが
   大好きなんです。

 

 10.いろんなサービスを、無料で、一般提供していること

 

   たとえば、2年前には、こんなに速くて安い(無料の)、
   デスクトップ検索は、   ありませんでした。

 

 11.Webサイトを助ける「AdSense」

 

   AdSenseは、非常に多くのWebサイトを、助けています。

 

   以前は、多くの小さなサイトは、Amazonなどのアフィリエイトで
   収入を得ていました。

 

   しかし、今は、AdSenseのおかげで、質の良い記事を書くことにより
   確実に収入を、得られるようになりました。

 

 12.「検索」にフォーカスした、Google

 

   いまや、Google、Yahoo、MSN、AOLなどの競争は、「検索」を忘れた、
   ポータルサイトとしての競争になっているように見えます。

 

   しかし、過去の実績が示すように、「検索」にフォーカスすべき
   ことを、Googleは忘れないでしょう。

 

 13.「Google Desktop Search」のキャッシュ

 

   以前、訪問したのに、セーブするのを忘れてしまったページや、
   うっかり削除してしまったコンテンツを見つけることができ、
   とても助かりました。

 

 ( 以下、省略 )

 

 

個々の項目は、かなり要約して紹介しましたが、このように、
ダニーさんが、Googleを好きな理由が、25個も続きます。

 

しかし、マットさんが、この記事を紹介したのは、実は、
これが理由ではありません。

 

同じくダニーさんの書いた、

 

「25 Things I Hate About Google」(Googleが嫌いな、25の理由)

 

という、もうひとつの記事が、あったからです。

 

                        (次回に続く)

 

 ⇒ 25 Things I Love About Google