MENU

サイトの稼動状況をチェックする無料ツール

ネットショップなど、Webサイトでビジネスを行っている人なら、
サイトの稼働状況はとても気になるところです

 

いつも ちゃんとインターネットにつながっているのか?

 

お客から見て、十分なスピードで応答しているか?

 

クラッカーによって、サイトを書き換えられてないだろうか?

 

今回、紹介するのは、こういったことを、つねにモニタリング
してくれる会社です。

 

 

■ ニュース記事概要

 

タイトル: サイトの稼動状況をチェックする無料ツール

 

内容:

 

ウェブサイトの稼動状況のモニタリングサービスを行っている、
InternetSupervision社(アメリカ シカゴ)は、10月14日、
サイト上で無料で利用できるツールを公開した。

 

このツールは、InternetSupervision社が世界に設置している
9ヶ所のチェックポイントから、目的のサイトに、アクセスして
応答可否と応答時間を調べてくれるものである。

 

[9ヶ所のチェックポイント]
ワシントンD.C.、デトロイト、シカゴ、ロサンゼルス、
サンティアゴ(チリ)、シドニー(オーストラリア)、
グロスター(イギリス)、サンクトペテルスブルグ(ロシア)、
北京(中国)

 

InternetSupervision社では、この無料ツールのほかに
継続的なモニタリングサービスを提供している。

 

このサービスは、目的のサイト(HTTP、FTP、SMTP、POP3)の
稼動状況、応答性能などのモニタリングを行う。

 

また、サイバー攻撃も考慮して、コンテンツの整合性も
チェックする。

 

サービスは、モニタリングの対象や頻度、通知方法(メール、
電話)などによって価格が決まる。

 

モニタリング結果のレポートでは、過去6ヶ月間、1ヶ月間、
最近7日間、当日分のデータが示される。
このレポートは、無料プランのメンバでも、6ヶ月間は
見ることができる。

 

広報のピート・プレスティピノ氏は話す。

 

「このサービスは、サイトの実際の稼動状況が分かるので
広告販売などのための貴重なデータとなります。

 

また、サイトの問題点も通知されるので、管理者がすばやく
対応することができます。」

 

 

■ InternetSupervision について

 

とりあえず、私のブログサイト
無料ツールを試してみました。

 

結果は、9ヶ所のポイント全てから接続OK。

 

データ転送速度は、世界のどこからつなぐかによって、通るルートも
異なりますので、値がバラつき、96?254kbps でした。

 

速いサイトは 200kbps程度以上だそうなので、まずまず
というところでしょうか。

 

 

上の記事にある、「サイバー攻撃も考慮して、コンテンツの整合性」
というのは、顧客が決めた、あるキーワードが、コンテンツの中に
ちゃんと存在しているかをチェックする、

 

または、逆に、あるキーワードがコンテンツの中に無いことを
チェックする、というものです。

 

要は、書き換えの可能性をチェックをしています。

 

 

InternetSupervision社のサービスは、顧客の条件によって
価格はいろいろになりますが、以下の条件で良ければ
無料プランになります。

 

・1つの HTTPサイト( HTTPS はNG )
・モニタ対象はヘッダ部分のみ( コンテンツは含まない )
・チェックは60分間隔
・通知は メールのみ

 

InternetSupervision