MENU

新しい時代のWeb その2

最近は、ブロードバンド化が進み、従来なら、パソコンにインストール
した、ソフトで作業していたことが、インターネットで、
できるようになってきました。

 

前回は、そういった例の1つ Writelyを紹介しました。

 

今回は、これらの、新しいWebの流れを紹介します。

 

 

■ ニュース記事概要

 

タイトル: 新しい時代のWeb その2

 

内容:

 

シスコ社のCEO、ジョン・チェンバース氏の言葉を借りれば
「インタラクション・ウェブ(interactions Web)」の時代が
やってきた。

 

※ interaction: 相互作用、交流、会話
従来のWebは、ポイントして、クリックして、結果が表示される
まで、しばらく待つ、というスタイルだった。

 

しかし今、例えば、Google Earthでは、都市から都市へ飛ぶときに
Webなのに、まるでテレビ画面を見ているように、流れるように
連続して移っていく。

 

Google Earthのアプリは、実際には、遠く離れたサーバ上で
動いているのに、まるで自分のパソコン上の地図を操作している
ように見える。

 

そう、いまや、インターネットは、それが、ネットであることを
感じさせないように、バックグラウンドで、ごく自然に動いて
くれる時代なのである。

 

つまり、今 目の前の画面に見えていることが、自分のパソコン上で
行われていることなのか、遠く離れたサーバ上で行われていることなのか
分からなくなってきている。

 

実際には、多くの場合、それは、両者が協調して行われており、
Google Earthは、その一例である。

 

 

一方、インターネットは、ますます日常生活に深く入り込み、
利用者自身が、Webを作っていくようなサイトも現れてきた。

 

例えば、MySpaceや、TheFacebook.comでは、利用者が、自分の情報を
書き込み、友人を作っていくのである。

 

このように、新しい時代のWebは、従来のWebに比べて、
動きが滑らかで、気が利いてて、そして、あなたのパソコンや、
あなた自身と、いっしょに協調して働いてくれるのである。

 

 

■ 新しい時代のWebについて

 

上の記事でも触れていますが、新しいWebの特長に、その「動きの
滑らかさ」があります。

 

地図サイトを思い浮かべてみてください。

 

以前は、目の前に表示されている地図から、ちょっと移動しようとしたら、
矢印ボタンか、地図上で、新たに中心にしたいポイントをクリックして、
新しい地図画面が全て表示されるまで、待っていましたね。

 

いかにも、ネットを通して地図データが送られてくるのを、実感します。、

 

しかし、Google Earthなどの、新しい地図サイトでは、マウスでドラッグ
して(画面を引っ張って)いけば、どんどん動きます。

 

これは、Ajaxという技術のおかげです。

 

地図サイトに限りません。

 

前回、紹介しました、Writelyでも、ネットの存在を感じさせない動きに
なっています。

 

この、Ajax、これから、ネット上で何らかのサービスを、展開していこうと
したら、重要なポイントの1つとなりますので、押さえておいたほうが
いいと思います。

 

それから、ちょっと話はズレますが、最近になって、マイクロソフトは
「Windows Live」といって、ネットで、各種サービスを提供するプロジェクトを
始めました。

 

一方、IBMは、早くからオンデマンド・サービスを軸に製品やサービスを
提供してます。そして、オラクルもASPの草創期から、ネットでのサービス
提供を行っています。

 

このように、Writelyなどの新興企業や、Googleばかりでなく、
有力なソフトベンダーが、そろってオンデマンドのネットサービスに
力を入れるようになってきています。

 

ソフトは、自分のパソコンにインストールして使うものではなく
ネットで利用するものになっていくのでしょうね。

 

Google Earth