MENU

アフィリエイト・ネットワーク

日本でも、アフィリエイトはポピュラーになってきましたが、
もちろん、本場はアメリカです。

 

 

 

■ アフィリエイト・ネットワーク

 

アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)という
言葉は、ご存知だと思います。

 

日本にもあるような、通常のASPでは、広告主が商品を登録し、
アフィリエイタも、別途、自分を登録します。

 

アフィリエイタは、自分で商品を選択し、広告主から、
許可をもらいます。

 

そして、自分なりに、媒体(サイト、マルマガ、ブログなど)や
デザイン、紹介文などを工夫して売ります。

 

アメリカのAdsertive という会社も、ASPなのですが、
なぜか、アフィリエイト・ネットワークと言っています。

 

たしかに、少し違うのです。

 

広告主や、アフィリエイタの登録は、同じです。

 

しかし、その後、Adsertiveの企画担当者(デザイナー)が、
商品の売り込み方(キャンペーン)を、企画するのです。

 

その企画に沿って、広告主のサイト・デザインを
指導します。

 

また、適当なアフィリエイタを選び、使用する媒体を
指定して、オファーを出します。

 

こうして、計画的に販売キャンペーンを行うのです。

 

広告主とアフィリエイタとの仲介をする、というよりも
アフィリエイタを有効に活用して、ちゃんと商品を売ろう
という感じですね。

 

料金体系も、そういう考え方を、反映しています。

 

広告主に初期費用や、その他の固定費は、いっさいかかりません。
売上が上がってから、初めて、料金が発生します。

 

日本のASPでも、いっぱい売っているのは、せいぜい
10?20%の、アフィリエイタだけだそうです。

 

残りの大部分のアフィリエイタは、ほとんど売れません。
あるいは、まったく売れません。

 

それを考えると、Adsertiveのようなやり方は、
広告主、アフィリエイタの双方にとって、よさそうですね。

 

Adsertive