MENU

ウィルスのマーケティング?

バイラルマーケティング。

 

ヨーロッパやアメリカでは、数年前から、拡がってます。
日本でも、そろそろ話題に、なりそうです。

 

バイラル(viral)って、ウィルスという意味ですが...?

 

 

 

■ ウィルスのマーケティング?

 

バイラルマーケティング(Viral Marketing)は、
viral advertisingとも言われます。

 

日本語では、こちらを略して、「バイラルアド」と
言われたりします。

 

クチコミを使って、ネットで、人から人へ転送していく
広告方法です。
クチコミと言っても、テキストベースの情報というより、
1分程度の、短いビデオや音声ファイルを使うのが特長です。

 

クチコミを起こしたい企業は、まず特定の人(サポーター)に
ビデオデータを流します。

 

そして、彼らから、データ転送(またはURL転送)が
拡がっていき、話題が拡がるのを待つのです。

 

感覚的には、テレビCMのビデオを伝えていくような
感じです。

 

しかし、テレビのような、マスメディアを使わないので、
費用的には、かなり安くすみます。

 

さらに、この手のビデオソフトは、視聴されるたびに
配布元企業に、ログが記録されます。

 

よって、どのサポーターから、どの程度、拡がったか、
すぐに、分かるのです。

 

以前にも、お伝えしましたが、今年は、ブログ(blog)ならぬ
Vlog(Video blog)だと言われています。

 

品質を問わなければ、個人レベルでも、ビデオを作ることは
今でも可能です。

 

資金力に乏しい、個人起業家にとっては、おもしろい
広告方法に、なりそうですね。

 

ついに日本でも、広がるでしょうか。

 

  Ford社の例

 

  SNCF(フランスの鉄道会社)のスキーキャンペーンの例