MENU

これからは、コラボレーションサービス? 2

今回は、「これからは、コラボレーションサービス?」の続きです。

 

 

 

■ これからは、コラボレーションサービス? 2

 

さて、ネット上で、Excelの編集や共有ができる、JotSpotですが、
できることは、それだけでは、ありません。

 

このシステムは、Wikiの技術を使っています。

 

利用者が、Excelシートを、システムにコピーすると、
シートの各行が、Wikiサイトの1ページに変換されます。

 

すると、ここで、いろいろと応用できるのです。

 

JotSpotのサイトでは、多くの俳優の、オーディションを管理する
ケースを使って、説明されています。

 

Excelの1行が、1人の俳優に対応していたとします。
その行の、どこかのセルに、例えば、その俳優の履歴書ファイルを
添付することが、できます。

 

ちょっとしたメモや、Web上の情報も、付けられます。

 

どこかの列が、オーディション日程に、割り当てられているとしたら、
それらを、カレンダー形式のビューで一覧できます。

 

また、どこかの列が、オーディション会場の住所に、割り当てられて
いるとしたら、それらを、Google Mapのビューで確認できます。

 

そして、開発者向けのAPIが、公開されてますので、この他にも、
いろんな連携アプリが、あるようです。

 

私は、Excelとカレンダーの連携を使って、メルマガ発行の管理が
できないかと、ひそかに考えています。

 

ところで、前回、今回と、こんな話を書いてるうちに、Excelの大元、
アメリカのマイクロソフトが、次期Office(Office12)を、発表しました。

 

今までは、Officeと言えば、Word、Excelのような、ソフトでした。

 

しかし次期Officeは、SharePoint Serverや、Groove Serverを中心に
情報共有、コラボレーションを行う“システム”に、なっています。

 

題して、「The 2007 Microsoft Office System」。

 

今後は、「ネットでコラボレーション」も、流れの1つですね。

 

それを前提に、何か新しいサービスを考えられれば、
おもしろいかも、知れませんね。

 

 JotSpot Tracker