MENU

ペットの国のビジネスモデル 2

前回に引続き、「犬」がらみの、ユニークなアイデアを
紹介します。

 

 

 

■ ペットの国のビジネスモデル 2

 

仕事を探すための、就職情報サイトは、珍しくありませんが、
今回、紹介するのは、上にも書きましたように、「犬」がらみです。

 

と言っても、犬の仕事を見つけるわけではありません。
仕事をするのは、あくまでも人間です。

 

就職情報サイトのひとつに、SimplyHired.comというサイトが
あります。

 

ここでは、愛犬をオフィスに連れていってもよい職場を探す、
専用のページを作りました。

 

実際に、犬を職場に連れて行きたいと思っている人は、
多いそうです。

 

この、SimplyHired.comは、前回紹介しました、Dogster.comと
提携しているのです。

 

DogsterのCEO、テッド・ラインゴールド氏は、このサービスが、
とても良いアイデアであると、評しています。

 

 「このサービスを使えば、犬に寛大な企業を、見つけることが
  できます。

 

  こういった企業は、幸福で忠誠心を持った従業員を
  育んでいるのです。

 

  最高の親友(犬)といっしょに働いていて、幸せでない人間が
  いるでしょうか?」

 

SimplyHiredが、Dogsterと共同して、アンケート調査を行ったそうです。

 

それによると、回答者の49パーセントは、新しい雇い主が犬に
寛大ならば、職を変えてもいいと考えており、

 

また、犬といっしょならば、もっと長い時間、働いてもいい
という人が、2/3もいたそうです。

 

最近は、こういった声に、耳を傾ける企業も増えており、Google、
アマゾンなど、多くの企業が、犬を許容しています。

 

SimplyHired.comのサイトでも、400万件以上の中から、仕事を
探すことができます。

 

SimplyHired.comのマーケティング副社長であり、愛犬家でもある
フィル・カーペンター氏は言います。

 

 「企業が、犬に寛大であるということは、愛犬家の求職者にとって、
  とても重要なことです。

 

  でも、犬に寛大な企業のほとんどは、その重要性を、ほとんど
  理解していません。

 

  よってWebサイト上でも、あまり、宣伝してませんでした。

 

  でも今は、Dogster.comのコミュニティのおかげで、犬に寛大な
  経営者と、愛犬家の求職者を結びつけることが、楽になりました。」

 

 

いままでサービスが無かった(=競合者もいない)が、需要が、
意外に多かった。

 

そういう分野に目を付ければ、ユニークなサービスが実現するという、
いい例ですね。

 

なにかひとつ、探し当てたいですね。

 

 ⇒ SimplyHired.com(Search Dog-Friendly Companies)