MENU

2つの「世界一長い」広告サイト

今月に入って、「世界一長い」をうたった広告サイトが、2つも
発表されました。

 

 

 

■ 2つの「世界一長い」広告サイト

 

以前にも書きましたが、昨年末に、アレックス・テウ氏の
Million Dollar Homepageというサイトが、世界的に評判になりました。

 

初めての、ピクセル広告のサイトです。

 

 ⇒ Million Dollar Homepage

 

 

その後、それに影響されて、似たような、あるいは、少しアイデアを
変えて、多数の広告サイトが、出てきました。

 

今回の、「世界一長い」広告サイトも、そのひとつです。
まず1つめは、カナダ人の起業家、ノア・フレミング氏の始めた、
「The World's Longest Ad」というサイトです。

 

その名の通り、世界で最も長い広告サイトを目ざしているようで、
一部では、次の「Million Dollar Homepage」と言われているそうです。

 

(単に、自称かも知れませんが)

 

このサイトの広告スペースは、紙の人形を、ずーっと横につなげた
ようなスタイルになってます。

 

広告主は、この人形のテンプレートをダウンロードして、
自分で、デザインします。

 

価格は、人形50人(50体)が1セットで、50ドル。
これを、何セットでも購入できます。

 

これをアップロードすると、サイト上で、ランダムに表示され、
横に流れていきます。

 

フレミング氏によると、少なくとも、500万体の人形をつなげたいと
考えているそうで、その場合、印刷すると、なんと189マイル。

 

そのために、アフィリエイトのプログラムも始めています。

 

もちろん、世界で一番長いオンライン広告として、ギネスブックに
申請だそうです。

 

 ⇒ The World's Longest Ad

 

 

2つめは、マレーシアのMohdさんと、Norshiimaさんという夫婦が
始めた、これまた「世界一長い」広告サイト。

 

ただし、上のノア・フレミング氏のサイトが、横に長いのに対して
こちらは、縦に長いサイトです。

 

「TallestHomePageOnInternet」という名前です。

 

サイトには、5750個の正方形や長方形のボックスが、2?4列で
ズラッと、縦方向に並んでいます。

 

1つのボックスに100文字までの、テキストメッセージを
書いていいそうです。

 

広告費用は、1文字あたり、1.27ドルなので、このテキストボックスに
フルに書けば、127ドルになります。

 

この夫婦は、同じ大学で、ご主人はコンピュータ関係、奥さんは
経営学を学んでいたそうです。

 

このサイトから得られる収益は、このときの奨学金の返済や、
クレジットカードなどの支払いに充てたいようです。

 

そして、できれば起業したいとのこと。

 

 ⇒ TallestHomePageOnInternet

 

 

それにしても、この手のサイトは、技術的にも、アイデア的にも
それほど、たいしたことはありません。

 

最初の、アレックス・テウ氏の「Million Dollar Homepage」も、
そうです。

 

しかし、一部は、実際に成功しています。

 

「Million Dollar Homepage」のほかにも、目標の半分が売れた時点で、
犬の訓練施設に、寄付を発表したサイトもあります。

 

それが成功するかどうかは、アイデアを「最初に」思いつくか、

 

そしてそれが、どれだけ注目されるか、つまり、どれだけ多くの
メディアが、取り上げてくれるかが、カギになるようですね。