MENU

ブログ記事をマスメディアに流す

ブログを、収入に結びつける試みは、いろいろと行われて
いるようです。

 

今回紹介するのも、そのひとつです。

 

 

 

■ ブログ記事をマスメディアに流す

 

今年に入って、ちょくちょくニュースになっていたBlogBurstが、
5月から、いよいよ本格的にスタートとなりました。

 

BlogBurstというのは、Pluck社(テキサス州)が提供する
サービスの名前です。

 

一般のブロガーの書いた、ブログ記事を、契約している新聞社などの
マスメディアに流すサービスです。

 

ですから、BlogBurstでは、つねに参加ブログを、募っています。
現在、約1,000のブログが、参加しているようです。
サイトを見ると、メディアとしては、Washington Post、Houston
Chronicleなどが、参加しているようです。

 

こうしたメディアでは、配信されたブログ記事を選んで、自由に
利用することができます。

 

多くは、ニュースサイトの1コーナーに、掲載されます。

 

もちろん、ブログと言っても、なんでもいいというわけではなく
ある程度の質の高さと、継続性が必要です。

 

このBlogBurstでも、いつも参加ブログを募集していますが、
応募してきたブログは、しっかり審査されます。

 

OKとなったブログだけが、このサービスに乗ります。

 

どんなブログが、採用されるのでしょうか?

 

新聞社ならば、政治、経済などの情報は、当然ですが
十分に持ってます。

 

ブログ記事には、自社では十分にカバーできない分野について、
専門的な記事を期待しています。

 

今のところ、エンターテインメント、グルメ、テクノロジーなどの
ブログ記事が、採用されることが多いようです。

 

価格は確認できなかったのですが、転載サイトでの参照回数に
応じて支払われます。

 

それに対して、記事を提供するブロガーには、
特に、原稿料のようなものは、支払われないそうです。

 

えっ? と思いますが、今のところ無償みたいです。

 

では、ブロガーにとって、何がメリットかと言えば、

 

自分の記事が、メジャーなメディアに載ることにより
ブログの露出チャンスが増え、トラフィック(読者)が増えます。

 

そのあとは、広告収入など、ブロガーが自分で考えてください。
ということのようです。

 

サイトの、ブロガー向けQ&Aを見ると、将来的には
実績に応じて、報酬が支払われる仕組みが、作られそうです。

 

それにしても、有名ブロガーは、以前から個別に、有名サイトと
契約したりしています。

 

ですから、BlogBurstは、現時点では無名だったブロガーが
世に出て、報酬を得るチャンスになります。

 

質の高いブログが集まり、このサービスが、ビジネスモデルの
1つとして育ってほしいと思います。

 

できれば、日本にも、こんなサービスが生まれてくれば
ブログの世界も、もっと活発になり、レベルの高いブログが
増えてくるのでは、と思います。

 

 

 ⇒ BlogBurst