MENU

ポッドキャストをビジネスで使う

趣味の領域では、十分に広まったポッドキャストですが、
ビジネスでの利用も、目立ってきました。

 

今回紹介するのは、不動産業界の話題です。

 

アメリカの西部を中心に、約40のコミュニティを持つ、Taylor Woodrow
Homes という、建設会社があります。

 

(計画的に、ひとまとまりで開発した戸建て住宅の集まりや、マンション
 などを、コミュニティと言ってるようです)

 

このTaylor Woodrow Homesが、売り物件(家)の、室内や外観を紹介する
ビデオを製作し、RSSで配布しています。

 

配布データは、ポッドキャスト製作会社 What I Want Podcasting が
作って、配布サイトも運用しています。

 

これが、けっこう成功しているみたいです。
iPodユーザが増えるにつれ、不動産の世界でも、ポッドキャストの
利用者が、増えているようですね。

 

What I Want PodcastingのCEO、ライアン・ホバック氏によると、

 

 「家の室内や、外観などを紹介するビデオが、驚くほどの勢いで
  潜在的なお客さまに届くようになっています。

 

  お客さまは、自分自身で、自由に家を選べるようになりますし、
  会社としても、お客さまとの良い関係が、築けるようになります。」

 

このサイトでは、現在、Carmela、Spyglass Hill(いずれもカリフォルニア)
など、7つのコミュニティのデータが掲載されています。

 

各コミュニティのページでは、wmv形式と、mov形式で、動画(と言うより
スライドショーですが)を見ることができます。

 

そして確かに、RSS/iTunesに登録できるようになっています。

 

説明によると、iTunesのサイトで、「Real Estate(不動産)」という
キーワードでも、見つけられるそうです。

 

なお、このサイトでは、間取り図、価格はもちろん、左右に回転する
室内のカメラ映像なども、見ることもできます。

 

ですから、ここで興味をもった顧客は、そのまま会社にコンタクト
して、交渉に入ることができます。

 

アメリカは、その名も「Real Estate」という、1日中、不動産情報ばかり
流す放送局もある、お国柄です。

 

流行りのポッドキャストに、不動産情報が出てきても、あまり違和感が
無いのかも知れませんね。

 

ただ、テレビと違って、ポッドキャストは、潜在的な顧客に対して
継続的にデータを流すことができます。

 

こうした使い方は、業種を問わず応用できそうですね。

 

  ⇒ Taylor Woodrow Homes

 

  ⇒ ポッドキャスティングサイト