MENU

ビデオ共有サイトもいいけど..

ビデオの共有サイトは、YouTubeをはじめ、どこも
とっても、はやっているようです。

 

多少の行動力のある人なら、自分好みのサイトを、自分で作って
運営しようと思うかも知れません。

 

しかし、カリフォルニアの2人の学生、パトリック・フォールズと
リッキー・リウナートは、それだけでは満足できませんでした。

 

パトリック・フォールズの言葉です。

 

 「私たちは、もうひとつの YouTube を作りたかったのでは
  ありません。

 

  コマーシャルビデオのハブを作りたかったのです。

 

  有名ブランドも、小さな会社も、

 

  それぞれが自分たちの製品やサービスのビデオメッセージを
  ディスプレイできる、そんな場所です。」

 

 

その彼らが作ったのが、GoldenSecondsです。

 

 ⇒ GoldenSeconds

 

 

ここでは、ビデオの長さ(秒)に応じて、お金を支払うことで
ビデオをサイト上に掲載しておけます。
基本料金(最低料金)は、1秒あたり1ドル。

 

これだけで、サイト上に、ずっと置いておくことができます。

 

しかし、さらに支払額をプラスすることで、露出を
増やしてもらえるオプションもあります。

 

サイトを見てもらえば分かりますが、現時点では、
PrintsMadeEasy.comなど、いくつかのビデオが、他のビデオよりも、
目立つ場所に、しかも少し大きく表示されています。

 

別記事を見ると、PrintsMadeEasy.comは、30秒のビデオに対して
1秒あたり2ドル支払っているようですね。

 

 

ところでパトリックは、このサイトをスタートする前、指導教授の
1人に、自分のアイデアを話したそうです。

 

そしたら、

 

 「そんなアイデアはダメだ。
  誰も、「秒」をお金で買わないよ。」

 

と、言われたそうです。

 

しかし、今月にスタートしたばかりで、家族や友人を通じて、
すでに、いくつかの会社に、計2,000秒も売れたそうです。

 

販売目標は、100万秒だそうです。

 

全部売れたら最低でも100万ドル。1億円以上ですね。

 

スゴイ!

 

 

最初の立ち上げる際のプロモーションが必要ですが、サイトの
作成そのものは、難しくなさそうです。

 

と言うことは、日本でも誰か始めそうですね。